So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ハイビームもLED化 その後 [自動車]

 前回の続きでハイビームもLED化したのはいいけど
LED_HB3.jpg

のように集光していないのが気になって試しに発光軸の取付角度を
垂直から水平に変えてみた。
LED_HB3-1.jpg


で点燈させてみると
LED_HB3-2.jpg


今度は集光しているようだ。メデタシ、メデタシと。後は耐久性だけど
ハイビームを使用するのは星撮り出撃後の帰宅時1時間くらいで
星撮り出撃自体が月1~2回だから少なくとも3~4年くらいもって
ほしいものだ。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ハイビームもLED化 [自動車]

 前回は新車のヘッドライトのロービームのLED化したが、今回一気に
ハイビームもLED化してしまった。日を開けるとLED化の熱が冷めてしまう
かもと思ってしまったのだ。で今回選んだのが
Zodoo_HB3.JPG

 ZodooのHB3タイプ、2個で3868円なり、前回のOPPLIGHTは
1個4000ルーメンの明るさであったが明るさが足りない印象だったので
今回のZodooのHB3タイプは1個8000ルーメンの明るさがある
というので選んでみた。前回と同じように取り換え前にハロゲンランプ、
ハイビームの配光パターンを撮影しておく。
Halogen_HB.jpg

さすが純正、中央部分に集光している。で交換すると
LED_HB3.jpg

 うーん、配光パターンが変わってしまって散光しているが明るさは
十分なようだ。それにしても最近思うのだがZodooもOPPLIGHTも中国製で
バカ安なのだ。できれば日本製にすれば確かなのだろうが4~5倍の価格差が
中国製を魅力的にしてしまう。中国製品は出始めこそ不具合が多いが2~3年
経つと市場のフィードバックを受けてしっかり改良されていてもう日本企業が
価格面で太刀打ちできないようになっている気がする。天体望遠鏡の世界でも
そうならないようV社、T社には頑張ってほしいものだ。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

新車ヘッドライトのLED化 [自動車]

 2月2日に納車された新車、ホンダシャトルは3段階あるグレードの
一番下なのだ。十数万プラスして上位グレードするだけの装備の魅力を
感じなかったからだ。だが下位クレードのヘッドライトはハロゲンランプで
今時、新車に似つかわしくないと思い、なんとかLED化したいなあとアマゾンで
LEDヘッドライトを検索したら まあたくさんあること。で選んだのが
Opplight_H11.jpg


OPPLIGHTのH11タイプ、2個でタイムセール中の2540円、本当に
大丈夫か~という価格、評価をみても良いも悪いもあり当たり外れが
ありそうだ。この価格ならダメでもダメージが小さいととりあえず、
ロービーム用のH11タイプを注文して本日到着、早速交換してみる。
交換前にハロゲンランプのカットラインを確認しておく。
HalogenHD.jpg


さすが純正、しっかりカットラインがでている。
次にLEDに交換してみる。交換自体5分で終わる。
LED_H11.jpg


 交換前より若干カットラインが上がっているようだ。でもカットラインの
レベル調整を1段下げれば同等になりそうだ。で明るさは中央部分では
ハロゲンランプのほうが明るい印象で周辺への光の拡散具合ではLEDのほうが
広い感じがする。これで車検パスするか心配だが車検は3年後だし、車検に
パスしなければハロゲンランプに戻せばいいだけだ。しばらく運用して
差し支えなさそうだったら、ハイビームもLED化してみようと思う。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

新車キター [自動車]

 16年間乗り続けたホンダ モビリオスパイク
Mobilio.jpg


問題なく良く走ってくれたがさすがに古さを感じてきた。なにしろ
オーディオシステムがカセットテープなのだから、そんな車、今時
ないでしょ。でも16年間雨ざらし駐車で車体本体に錆らしい錆は
なく塗装技術の進歩は素晴らしい。で新しい車の選定基準として
冬の山道を走るため4WDであること。望遠鏡などの機材を積むため
後部座席を倒したらフルフラットになること。単純な欲求として
ハイブリッド車に乗ってみたいこと。手頃な価格であることを
など勘案するとホンダのフリード+かシャトルぐらいしかなく
予算の都合でシャトルハイブリッド(4WD) Honda SENSINGを
選定、1月4日に発注、本日2月2日に納車となりました。
パチパチパチ
Shuttle.jpg


 やっぱり新車はいいね。でも前より車長が20cm延びたのに
ラゲッジスペースの横幅が狭くなり、機材の積み方を変更しないと
いけないしスライドドアから開きドアになって機材の出し入れが
若干不便になったし、あとコンソール下の収納スペースがなくなって
小物の置き場所をどうしようか悩んでいる。
 それにしてもこれから長く続くローン返済のことを考えると
気が重いよね。




タグ:シャトル
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

総露出時間235秒のオリオン座大星雲 [天体写真]

 1月29日はGPVのご託宣よろしく今年2回目の小石原への
星撮り出撃をしたのであった。GPV様エライ!ちゃんと晴れました。
で望遠鏡セッティング後、最初にお遊びで久しぶりにオリオン座大星雲M42を
撮ってみたのあった。ジャーン!
M42-2019-1-29.jpg

撮影時間:2019年1月29日 20時28分~
望遠鏡:田中光化学工業 FSC254(D:254mm、f:914mm)
カメラ:Sony α7s(SP-4C改)
露出:120秒+60秒+30秒+15秒+7秒+3秒
ISO:1600
filter:IDAS HEUIB-Ⅱ

 総露出時間235秒、ダークなし、フラットなしの画像処理なので強い
画像処理はできないので まあ、こんなもんでしょ的写りだと思う。
逆に言えば、時間をかけてじっくり撮ればどんだけ写るんだよ的M42を
機会があれば撮ってみたい。




nice!(0)  コメント(0) 

2019年1月2日のウィルタネン彗星 [彗星]

 皆さん、新年明けましておめでとうございます。2日にして晴れそう
なので家族の何となく冷たい視線に見送られながら小石原へ星撮り出撃
したのであった。晴れたにもかかわらず誰も来ない寂しい星撮りとなった。
で最初にウィルタネン彗星がどうなっているか気になったので撮ってみた。
46P-2019-01-02.jpg

撮影時間:2019年1月2日 20時4分~
望遠鏡:田中光化学工業 FSC254(D:254mm、f:914mm)
カメラ:Sony α7s(SP-4C改)
露出:3分
ISO:1600

1コマ撮りのノーダーク、ノーフラットのざっと処理だが結構
まともに撮れていると思うが尾が写らない彗星はやはり撮りがいがない。
とりあえず今年一番目の星撮りが無事済んで良かった。
今年もよろしくブログ来訪よろしくお願いいたしますです。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

グッバイ 2018年そして平成 [あいさつ]

 やあ、なんだかんだの年末、大晦日です。どうも今年も小生のブログ
並びに無我宇宙の天体写真ギャラー(http://www006.upp.so-net.ne.jp/mugauchu/
に来訪下さり感謝いたします。来年も変わらずの来訪宜しくお願い致します。
 ところで今年は7月から左肩に五十肩を発症し、左腕が前上45度以上、
真横上10度以上上がらない状態が続いていて、実は11年前には右肩で五十肩に
なって、その時は右腕をちょっとでも伸ばそうとすると悶絶するほどの激痛が
あったが今回の左肩の五十肩はそれほどでもなく軽症ですんでいるのが幸いだ。
去年は10月に右目の白内障手術を受け、年と共に体の劣化が確実に進んで
いるようで来年も変わらずの星撮りを続けられるか心配している。皆様も
健康に気を付け、良い星見、星撮りができますように。それでは良いお年を。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

suaoki ポータブル電源の放電テスト [バッテリー]

 12月8日、金曜日18時からアマゾン地方で始まった
サイバーマンデー型ポチリ菌ばらまき作戦で感染して届いた
suaoki ポータブル電源 大容量120000mAh /400Whなのだが
その実力やいかにってことで例のごとくDC12Vシガーライター
ソケット湯沸かしポットを使って放電テストをしてみる。
SUAOKI放電TEST.jpg


 テストし始めこそ出力電圧12.3Vになっているがすぐに
12.0V±0.1Vで安定していた。どうも12Vのレギュレーター
回路を通して出力されているようだ。DC出力電力も常時106Wを
表示しているので8.83Aで通電している計算になる。で5段階の
容量計目盛りバーがすべてなくなるまでの時間が3時間15分で
あった。ということは106W×3.25h=344.5Whとなり
定格の400Whまで放電させることはできなかった。がしかし
取説に
SUAOKI取説.jpg

とありバッテリーの過放電劣化させないため定格400Whの80%までしか
放電できないようなことが書かれているが結局80%を超えて放電させると
どうなるのかの記述がない。推測だが突然エラーを表示して電源断しそうな
気がする。とりあえず344.5Whと定格400Whの80%=320Whを
超えて放電できたので仕様通りとしておこう。また、使用中、常時放電電力と残り
容量を表示しているので使用できる時間の目安になって便利だ。




nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ウィルタネン彗星、ちゃんと撮るの巻 [彗星]

 昨日のGPVのご託宣は九州地方、夕方から急速に晴れるという。
本当かいなと思いながら、月齢の関係もあるしGPV不信ばかり
いていたら星撮り出撃できないのでここは半分ダメ元で出撃
いたのであった。GPVは九州の内陸部の方が条件が良さそうだと
ご託宣くださっているのでいつもの小石原でなく2年ぶりに
熊本県産山村ヒゴタイ公園へ3時間10分かけて行ったのだった。
18時半頃現地到着してみると雲量20%くらいのほぼほぼ快晴で
しかも雲はずっと西側にあって撮影方向に影響なさそうだった。
望遠鏡設置完了するころにはすっかり快晴になっていた。GPVエライ!
でウィルタネン彗星を撮影しようと30mm7倍ファインダーで
探すとすぐにそれとわかる像をみつけた。位置がわかると肉眼で
見えるか確認したらかすかに見えた。で撮ると
46P-2018-12-12a.jpg

撮影時間:2018年12月12日 21時12分~
望遠鏡:田中光化学工業 FSC254(D:254mm、f:914mm)
カメラ:Sony α7s(SP-4C改)
露出:30秒
ISO:2500
10コマの核基準加算コンポジット

 さすがに口径254mmの望遠鏡だけあって短時間で良く写ってくれる
ついでに露出を2分にして1コマ撮りノーコンポジットでも撮ってみた。
46P-2018-12-12b.jpg

撮影時間:2018年12月12日 21時32分
露出:2分
ISO:1600

 1コマでも十分見れる画像になっていると思う。
 その後、1時半ぐらいに撤収し始め、撤収半ばから曇り、完了時には
雪が降ってきた。というよりたぶん空気中の水蒸気が凍って雪の
ように漂っている感じがした。そのくらい寒かった。で撤収時には
南の空にカノープスが見えた。ここヒゴタイ公園は南の視界が良いので
カノープスが楽勝で見える。これでまた、少し長生きできそうだ。

追伸、
使用した望遠鏡に興味がある方は「田中一幸のHomePage」の下記を参照ください。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kztanaka/flatsc.html
http://www5f.biglobe.ne.jp/~kztanaka/fsc.html


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ウィルタネン彗星、自宅で撮るの巻 [彗星]

 昨日は新月期でGPVのご託宣も「夜は真っ黒よろし」、と出て普通だったら
星撮り出撃していたのだが気象衛星画像を見ていたら平地は晴れるが山間部は
曇りそうな気がしてGPVのご託宣を信じれず星撮り出撃を控えてしまった。
とりあえず平地は晴れて月明かりもないので今が撮り時のウィルタネン彗星46Pを
2等星がやっと見える状態の光害ど真ん中、自宅ベランダ撮影をしてみた。
何しろ北極星が見えないので適当に極軸を合しただけの赤道儀なので導入に
苦労したが入ってしまえばカメラの電子ビューファインダーから位置を
確認できた。ちなみにJPG1コマ画像はこんな感じ
46PJPG2018-12-10.jpg

撮影時間:2018年12月10日 22時5分~
レンズ:Borg 71FL レデューサー:高橋 C0.72×
カメラ:Sony α7s
露出:15秒
ISO:800
これを12コマの核コンポジットして画像処理してみると
46P-2018-12-10.jpg

たった15秒露出の繰り返しでこんだけ彗星像が浮き上がってくるのだから
明るくなっているに違いないが彗星を特徴付ける尾が写っていない。
同時期の他者撮影のこの彗星像も尾が写っていないのでただ明るいだけの
尾なし彗星のようだ。彗星撮影の楽しみは尾の写り具合の変化を
撮っていくことだがそういう意味では今回のウィルタネン彗星の
回帰は面白くなさそうだ。






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -