So-net無料ブログ作成
撮影地 ブログトップ

新しい星空撮影地探し [撮影地]

 今夏の天気、本当に変だ。関東地方は連日雨だというし、九州地方もくそ暑い
だけですっきりと晴れることがない。本来ならば青空に入道雲もくもく天気ならば
夜はすっきり晴れるのだが、、、。さて、いつも星空撮影地にしている小石原焼き
伝統産業会館が今年の九州北部豪雨災害で小石原地区のボランティア活動受付
センターになっているため星空撮影地としてしばらく使用できない状態になって
しまった。というわけでGoogle Map&ストリートビューでこの近くに星空撮影地に
適した場所はないか探してみたら西へ13km行った英彦山に良さそうな場所が
見つかって前々から実際に行ってみたいと思っていた。
鷹巣原駐車場.JPG

で昨日、最近の九州内陸部の天気の傾向から晴れないだろうとは思いつつ、
暇なもんで行ってみた。そこの看板に鷹巣原駐車場とあり添田町が管理する
無料駐車場と推察できる内容であった。広さ的には小石原焼き伝統産業会館
駐車場と同程度の広さがあり、全面アスファルト舗装がしてあり、敷地内に
街灯はなく、視界は東が地平線から20~25°に木立、その他は10~15°
の木立とまずまずの視界でこれなら星空撮影地として十分な要件を満たしてると
感じた。実際きれいに晴れて満点の星空にならなかったが雲の切れ目から
覗いた星空の光害感覚レベルは小石原焼き伝統産業会館を100とすれば70
くらいか。ちなみに奥日田スノーピークは50、ヒゴタイ公園は25、
五ヶ瀬ハイランドスキー場は15くらいだと思っている。結局この夜はきれいに
晴れそうにないので望遠鏡のセッティングもせず、ごろ寝して雲の間から
覗くわずかな星空を堪能しただけだったが何も撮らないで帰るのもしゃくだから
三脚にデジカメセットして固定撮影で雲の間からわずかに覗く白鳥座を撮って
あげた。
白鳥座2017-8-18.jpg

撮影日:2017年8月118日
撮影時刻:22時41分〜、5秒露出
撮影地:福岡県、添田町、英彦山、鷹巣原駐車場
撮影機材
レンズ:Nikom AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G F2.8に絞る
カメラ:SONY α7s(seoーSP4改造) ISO8000
filter:MARUMI IR-CUT

オチがあって来たルートをそのまま帰れば75kmで帰れたものを同じ道を
帰るのも面白くないと思ってカーナビの推奨ルートで帰ってみたら93kmと
ずいぶん遠回りをさせられて帰ってきた。カーナビの推奨ルート、今後信用しないことにした。


nice!(0)  コメント(0) 

撮影地の紹介・小石原焼き伝統産業会館編 [撮影地]

 本ブログで天体写真の撮影地をまだ紹介してなかったので紹介したい。
ご存知の方も多いと思うが私がメインの天体写真撮影地は福岡県東峰村に
ある小石原焼き伝統産業会館の駐車場だ。
詳しい場所は下記参照してほしい。
http://www.koishiwarayaki.or.jp/access.html
駐車場は砂利を踏み固めた簡易舗装で街灯がなく公衆トイレもあり
また、近くに民家が数軒あり何かあっても助けを求められる環境でも
あり女性も来やすい。
駐車場中央からの眺めは
小石原_west.jpg

小石原_east.jpg

てな感じだ。
 北に北九州市、北西に福岡市、西に久留米市があって北から西は光害が結構あって
基本、撮影天体が北東~南~天頂のライン内にある時に撮影するスタイルとなる。
天体写真は画像処理が前提となるのでここの光害レベルでも何とかなるが望遠鏡に
よる眼視観望には向かないレベルだ。
 私の所から行き2時間、帰り1時間10分の場所で交通アクセスが良く行きやすいので
利用してる。夜は基本、私と同じような天文屋しか来ない場所で福岡県北部の天文屋が
良く集まるところだ。
 追伸、欠点を書き忘れた。夜露がひどい。夏は蚊が多いので防虫スプレー必須。
帰りの夜道に鹿の飛び出し注意、特に江川ダム周辺の国道500線は夜間、スピードは
ださないほうが良い(ただし、今は江川ダムの上流に小石原ダム建設中のため国道
500号線は1部通行止めになっているが迂回路も要注意)。




撮影地 ブログトップ