So-net無料ブログ作成
検索選択

撮影地の紹介・小石原焼き伝統産業会館編 [撮影地]

 本ブログで天体写真の撮影地をまだ紹介してなかったので紹介したい。
ご存知の方も多いと思うが私がメインの天体写真撮影地は福岡県東峰村に
ある小石原焼き伝統産業会館の駐車場だ。
詳しい場所は下記参照してほしい。
http://www.koishiwarayaki.or.jp/access.html
駐車場は砂利を踏み固めた簡易舗装で街灯がなく公衆トイレもあり
また、近くに民家が数軒あり何かあっても助けを求められる環境でも
あり女性も来やすい。
駐車場中央からの眺めは
小石原_west.jpg

小石原_east.jpg

てな感じだ。
 北に北九州市、北西に福岡市、西に久留米市があって北から西は光害が結構あって
基本、撮影天体が北東~南~天頂のライン内にある時に撮影するスタイルとなる。
天体写真は画像処理が前提となるのでここの光害レベルでも何とかなるが望遠鏡
よる眼視観望には向かないレベルだ。
 私の所から行き2時間、帰り1時間10分の場所で交通アクセスが良く行きやすいので
利用してる。夜は基本、私と同じような天文屋しか来ない場所で福岡県北部の天文屋が
良く集まるところだ。
 追伸、欠点を書き忘れた。夜露がひどい。夏は蚊が多いので防虫スプレー必須。
帰りの夜道に鹿の飛び出し注意、特に江川ダム周辺の国道500線は夜間、スピードは
ださないほうが良い(ただし、今は江川ダムの上流に小石原ダム建設中のため国道
500号線は1部通行止めになっているが迂回路も要注意)。




射手座付近の天の川 [天体写真]

 昨日26日は絶好の星撮り夜になった。金曜の夜でもあったし小石原には
結構お仲間が集まり、皆さんいい天体写真が撮れたのではないだろうか。
さていつものように撤収前の星野写真の紹介、撤収時にはいつものサソリ座
頭部は西に傾いて撮り時でなくなっていて、代わりに射手座が南中していたので
射手座付近の天の川を撮ってみた。まずはJPEG画像では
Milkyway2017-5-27jpg.jpg

撮影日:2017年5月27日
撮影時刻:2時24分〜、3分露出
撮影地:福岡県、東峰村、小石原焼き伝統産業会館
撮影機材
赤道機:高橋、NJP
レンズ:Nikom AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G F4に絞る
カメラ:SONY α7s(seoーSP4改造) ISO1600
filter:MARUMI IR-CUT
 JPEG画像では3分露出でも露出オーバーなのだがRAW画像4コマの
コンポジット画像処理してみると
Milkyway2017-5-27.jpg

 実にいい感じに仕上がって撮り栄えする。小石原の空も捨てたものでは
ないようだ。
 サソリ座頭部ではフィルターはIDAS HEUIB-Ⅱを装着したがこのフィルターは
天の川が赤く写る傾向があって今回はMARUMI IR-CUTに変えてみた。
MARUMI IR-CUTだと中心部と周辺部の色合いの変化が少なくて画像処理が
楽だった。




またまたサソリ座頭部 [天体写真]

 昨日も良く晴れそうで梅雨まじかの貴重な晴れは逃しません。という訳で
小石原に星撮り出撃したのであった。今回も撤収前にサソリ座頭部を
標準レンズで撮ってみた。
scopion2017-5-19.jpg

撮影日:2017年5月19日
撮影時刻:0時48分〜、4分露出
撮影地:福岡県、東峰村、小石原焼き伝統産業会館
撮影機材
赤道機:高橋、NJP
レンズ:Nikom AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G F4に絞る
カメラ:SONY α7s(seoーSP4改造) ISO2000
filter:IDAS HEUIB-Ⅱ
今回は前回より露出3分→4分、ISO1600→2000にして撮ってみた。
この日は5月晴れで透明度が良くほぼ南中時に撮ったのでまあまあ見れる写りに
なったと思う。もうちょっとコマを撮りたかったが月が出てきたため諦めた。
条件さえ良ければ小石原の空でも何とかなりそうな気がする。
 それにしてもこの夜は絶好の星撮り日和にもかかわらずお仲間が誰も来ず
1人寂しく星を撮っていたのでした。メデタシ、メデタシ。


タグ:サソリ座