So-net無料ブログ作成

QHY5L-Ⅱで火星、土星を撮って見る [惑星]

 梅雨なのにちょこまかと今夜も晴れちゃいました。ならばQHY5L-Ⅱで
望遠鏡は15cmマクストフカセグレンMK-66で火星と土星を撮って
見ましょう。ベランダで惑星を撮ろうと思うと赤道儀の極軸がある程度正確に
合っていないと撮影中にずれるので実際に望遠鏡を覗きながらズレがない
位置を赤道儀をちょっとずつ回して確認し合わせた。ちょっと大変。
まずは火星。
Mar2016-6-30.jpg

撮影機材:INTES MK-66 PL25mmによる拡大撮影法

次に土星。
Sat2016-6-30.jpg

撮影機材:INTES MK-66 PL25mmによる拡大撮影法
2×2ビニングモード

 火星はシーイングは悪かったがQHY5L-ⅡとRegstax6での処理の相性が良いのか
結構見れる画像になった。また、土星はやっぱり暗くてぎりぎり撮影できたという
感じだ。拡大率をあげると暗くなって撮影できないと思う。


QHY5L-Ⅱをオートガイダーとして使ってみる(ベランダテスト編) [カメラ]

 昨日は梅雨真っ盛りなのに夜晴れちゃいました。というわけで梅雨明けに
予定していたQHY5L-Ⅱをオートガイダーとして実際の星で試す機会が訪れて
しまったのでした。でベランダにお気軽撮影用GP2赤道儀とBorg 71FLと
QHY5L-Ⅱをセットしまして
PHDTest.jpg

パソコンのPHDGuidingソフトを立ち上げ土星の回りで適当に視野に入った
5.58等星をキャリブレーション→ガイドしてみた。
PHDguiding.jpg

おお、今回は順調にガイドしているのがグラフから読み取れる。さらに8等星くらいまで
しっかり写っているのでそれらもガイド星として使えそうだ。ところで今回があると
いうことは前回があるわけで、じつは3日前も夜晴れ間があって同じテストを
しのだが赤経はうまくガイド動作したのだが赤緯がなぜか動作せず、ガイド星が
赤緯方向にどんどんずれて悩んでいたのだ。結論からいうとPHDGuidingソフトの
ガイドパラメータの中に"Max Dec duration(ms)"というのがあって初期値が150に
なっていた。つまり赤緯方向、1回の動作指令の最大時間が0.15秒に設定
されていて赤緯方向の修正がまにあっていなかったと推察されたので今回は
この値を1000にしてみたのだった。
 北極星が見えないベランダでの赤道儀いい加減セッティングだけれども
ガイド修正グラフをみると奇跡的に極軸が合っているようでこれなら
惑星も撮影できるかもと思い、だめもとでQHY5L-Ⅱで土星を撮ってみた。
ジャジャーン。
Sat2016-6-26.jpg

望遠鏡:Borg 71FL
アイピース:PL10mm
露出:1分 

写りの具合を見てもらうためRegistax6のwavelet変換しか画像処理していない。
シーイングは良くなかったがBorg 71FLで良くぞここまで写ってくれたという
感じだ。土星をBorg 71FLでここまで写せるのであればC14では余裕だろうと
思う。梅雨明けの撮影が楽しみになってきた。それにしても今も使っている
オートガイダーSBIG STVが約20年前に確か27万円くらいで購入したと
覚えているがパソコンは必要だが3万以下で十分な性能のオートガイダーが
手に入る時代になってちょっと感慨深いものがある。




QHY5L-Ⅱをオートガイダーとして使ってみる(室内テスト編) [カメラ]

 昨日買ったQHY5L-Ⅱは惑星撮り用として買ったのだがオートガイダー
としても使えるらしい。私は長年オートガイダーとしてSBIG STVを
使用してきて今日までほとんど不都合なく機能しているが1点だけ不満が
あり、C14のオフアクシスガイドでガイド星の上限が8.8等星までで
それ以上暗いガイド星しかないときはその天体の撮影を諦めざるをえない。
確かSTV自体が1990年台後半に発売された製品なので今日の
オートガイダーから比べると感度が低いと思われる。それでSTV以上の
感度があるならばQHY5L-Ⅱをオートガイダーとして使うのもありかと
思ってしまった。しかし梅雨空で当分星空は望めそうにないので
ダンボール箱に50mmカメラレンズをはめ込み、反対側にボール紙に
鍼穴をあけたボール紙を張り付けて疑似ガイド星を作って動作確認してみる。
QYD5LGP2.jpg

動作確認はお気軽撮影で使っているVixen GP2赤道儀に
http://mugauchu.blog.so-net.ne.jp/2015-08-16で紹介した自作
コントローラ、実はオートガイダー用端子も増設しておいたのだが
動作確認をしていなかったのでこの機会に動作確認しておく。
テストはパソコンでオートガイドソフトのPHDGuidinngのマニュアル
ガイド操作信号がQHY5L-Ⅱ経由で自作コントローラに伝わり
赤経、赤緯モーターが動くかどうかなのだが動かない。いろいろ
テスターで調べれみたら、QHY5L-Ⅱのオートガイド端子は5番
COM,6番N.C.なのだが自作コントローラ側は反対になっていて
COMが接続されてない状態だった。これじゃ絶対動かないということで
仕方なく自作コントローラを分解して5番端子をCOMにする
半田付けをした。で組み立てて元に戻すと自作コントローラが
全く動作しなくなって、原因調査のため、また分解するはめに
なった。すったもんだの検査のすえ電源ラインの半田付けが不完全、
イモ半田状態で接触不良を起こしていたようだ。で半田付け直し
無事動作するようになった。これで実際の星で試用したとき
全く動作しない事態だけは回避できるだろう。まあ、本当、自作したら
テストはきちんとしとくべきだと実感した一日であった。


タグ:QHY5L-Ⅱ

QHY5L-Ⅱ買っちゃった [カメラ]

 Celestron Neximage5で惑星撮影してきたが満足のいく画像が
得られない。前のバージョンのNeximageのほうがまだ納得がいく
画像が得られていた気がする。でNeximage5の使用に見切りをつけて
QHY5L-Ⅱ
QHY5L2.jpg

という中国メーカーの製品を天文ハウスTOMITAで直接
店舗に行って購入した。天文ショップの実店舗が福岡(正確には
大野城市だが)にあって現物を確認して購入できるのは有り難い。
早速、ノートパソコンにドライバーソフト、キャップチャーソフトを
インストールしていじくりまわして使い勝手を確認する。
運よく薄雲があるものの月齢12の月が出ているので試写してみる。
機材は三脚にBorg 71FLを載せた超お気軽撮影だ。
FL71QHY5.jpg

QHY5L-ⅡはCCDのチップ面積が小さいのでBorg 71FLの焦点距離400mm
でもほぼいっぱいに写る。
Moon2016-6-17.jpg

原画像はだいぶ眠い印象の画像なのでアンシャープ処理している。
 本当は火星も見えていたので火星の拡大撮影もしてみようかと思ったが
CCDのチップ面積が小さいことを考えるときちんと極軸を合わせた
赤道儀でないと導入&追尾が難しく、ベランダお気軽撮影というわけに
いかないので諦めた。早く梅雨が明けてこれで土星を撮って見たいもんだ。



タグ:QHY5L-Ⅱ

三度、一晩で木星、火星、土星を撮る。ついでに月も [惑星]

 昨日9日のGPVの夜のご託宣は常時雲量40%くらいで通常だったら
星撮り出撃を諦めるところだが気象衛星の画像の時間推移を見ると雲が流れて
来る状況になさそうだ。というわけでだめもと、雲の合間から
惑星くらいは撮れるだろうといつもの小石原へ星撮り出撃したのであった。
18時半くらいに到着した時点では結構雲はあったが20時くらいには
快晴になった。望遠鏡を設置して空をみると月齢4の月がまだ
高い位置にあって、「たまには俺も撮ってくれよ」と言いたげで
ならばC14直焦点で撮ってあげましょう。パチリ
Moon2016-6-9.jpg

C14のレデューサーなし直焦点では月はフルサイズのカメラでもはみ出て
しまうので今回はトリミングして危難の海に着目して仕上げてみた。
次にOr18mmの拡大撮影+Celestron NexImage5で木星を撮り
Registax6で画像処理する。すると
Jup2016-6-9.jpg

えらいこった。木星が崩壊しかかっているぞ。実はRegistax6の
自動アライメントするとCCD面のゴミを模様と勘違いして
Wavelet変換で強調されるものと推察される。このCCD面のゴミ
いくら掃除しても取れなくて保護ガラスの内側にあるようでどうしようも
なく困っている。次に火星を撮る。
Mar2016-6-9.jpg

火星は運よく崩壊をまぬがれたようだが少々強めのWavelet変換をすると
格子状の模様が現れる。NexImage5はできれば今後使いたくない
デバイスだ。次にNexImage5で土星は感度不足で撮れないので
Sony α7sに換装して土星を撮る。
Sat-2016-6-9.jpg

輪っかにごみがあるのは玉にキズだがまあこんなもんだろ的写りだ。
午前1時過ぎたころ、急激にガスってきて撤収しだしたが40分くらいして
ガスがなくなり星空復活した。幸いにも赤道儀システムはまだ撤収して
いなかったので急きょ前回紹介したマルミ光機のIR/UV CUT Filterでの
星野での写り具合を試すことにした。まずはいて座付近
Seiya2016-6-9-1.JPG

ISO400 F2.8 2分露出
1コマのJPEG画像の簡単な画像処理であるが変な色ずれは見当たらない。
次に白鳥座、
Seiya2016-6-9-2.JPG

コントラストを強めに処理すると中央付近が赤くなっているようだ。
まあこのくらいならなんとか補正できそうだ。というわけで夏になったら、
ちょっくら星野写真にも力入れてみる気になった。


写真も

マルミ光機のUV/IR CUT Filter買ってみた [カメラ]


 長らくIR改造Canon Eos Kiss Degital Xで天体写真を撮ってきていたが
その写りに他者と写り負けしているのを感じていた。そんな時の
2年前Sony α7sが発売され、衝撃のISO409600まで設定できる性能に
いままでの天体写真の撮り方を変えるかもしれない可能性を感じ、
その年の9月に買ったのだった。早速、IR改造を依頼した。フィルター
ワークを駆使できるようIRをクリアガラスに換装する改造をして
同時にIDASの光害カットフィルターLPS-D1とHα強調UV・IRカットの
HEUIB-IIを購入したのだった。しかしこれらのフィルターは干渉型で
あるため光の入射角によって特性が変わる宿命を持っている。長焦点では
問題ないのだが200mm以下の焦点距離レンズでは中央と周辺では
色ずれする。ちなみに買ってすぐにいて座付近の天の川を50mm
標準レンズ+HEUIB-IIで撮ってみたのが
A7sTest.JPG

中央と周辺で色調が違って写っている。画像処理で強調すると
眼も当てられない。手間、暇、テクニックを駆使して画像処理で修正
できなくはないだろうが大変なので星野写真は諦めていたのだった。


ところが天文雑誌でIR改造のEOS6Dの星景写真の入選作が
あるのに気づいて、IR改造のEOS6DのIRは基本的に
紫外・赤外カットのIDASのUIBAR-Ⅲを採用しているものと
推察されるので私もUIBAR-Ⅲを使用すれば色ズレなしの星野写真が
撮れるのではないかと思ったのだった。がーしかしUIBAR-Ⅲは
税別16000円もするので購入に躊躇していた。それですこしでも
安く売っているところはないかとネット検索していたらアストロアーツの
オンラインショッピングでマルミ光機のUV/IR CUT フィルターの特性が
UIBAR-Ⅲとほぼ同じで値段が税込み6151円ということで思わず
ポチッてしまったのだった。


 本日、めでたく物が到着したがあいにくの梅雨空で実際の星空で
使用する見通しがないので液晶画面を撮ってみてことにする。
まず、Photoshopで液晶画面全体にR=G=B=0、R=G=B=100
R=G=B=255のストライプ画像を作成し、50mmレンズの前に
マルミ光機のUV/IR CUT フィルターを取り付ける。そのまま液晶画面を
撮影するとホワイトバランスが大きく赤よりに寄っているのでカメラの
ホワイトバランス修正機能を使って補正して撮影する。撮影したRaw画像は
ステライメージ7で自動現像し、中央部分でオートストレッチして
marumi-uvir.jpg

中央部分でオートストレッチしているのでR=G=B=82、と同じだが
右端ではR=74、G=73、B=71となった。F2.8で撮っている
ので周辺減光があり、輝度は下がるがR:G:B比はほとんど変わらず
色ズレはわずかといえる。
ちなみにHEUIB-IIで同じことをすると
Heuib.jpg

LPS-D1では
Lps-D1.jpg

となり明らかに周辺で色ずれしているのがわかる。


 実際の星空で試写しないとなんともいえないが十分に期待が持てる
結果ではなかろうか。夏の天の川を写すのが楽しみだ。

余談、
 私の場合、フィルターはレンズ前面かレンズ後面〜CCD間のどちらにも
設置できるのだが50mmレンズのAF NIKKOR 50mm 1:1.8Dの場合、
レンズ後面〜CCD間にフィルターを設置すると周辺星像が著しく
劣化するのでレンズ前面に設置している。