So-net無料ブログ作成

M42をお気軽ベランダ撮影 [天体写真]

 昨日は良く晴れそうだった。がーしかし月齢17ではさすがに星撮り出撃
する気にならず、月出までの時間、お気軽ベランダ撮影でM42付近を
撮って見た。なにしろ150万都市福岡の地理的中心付近に住んでいる
ので2等星がやっと見える空で天体写真を撮るとISO400、30秒
露出でこのありさま、
Ori150225-1.jpg

撮影日:2016年2月25日
撮影時刻:19時19分〜、露出30秒
撮影地:福岡県、福岡市南区
撮影機材
赤道機:Vixen、GP2
レンズ:Borg 71FL レデューサー:高橋RD-C0.72×
カメラ:SONY α7s ISO400
filter:IDAS HEUIB-Ⅱ
画像処理:JPEGのリサイズのみ

こんな光害地で天体写真を撮るとこうなるという見本のような
写りだ。それでも8フレーム撮って無理無理画像処理してみる。
Ori160225-4.jpg

まあ、見れないことはないできになる。次にせっかくIDAS LPS-D1
という対光害フィルターを所有しているのでそれに換装して撮ってみる。
Ori150225-2.jpg

色が大きくマゼンダに傾いてしまった。そこでカメラのカスタムフィルター
設定を変えて背景ができるだけニュートラルグレーになるよう撮ってみると
Ori150225-3.jpg

背景の輝度レベルが4割くらい下がって明らかに対光害フィルターの
威力を発揮しているのがわかる。で同じように7フレーム撮って
画像処理してみると
Ori160225-5.jpg

あれれ、対光害フィルターの有無はあんまり関係ない仕上がりになった。
まあ、良く考えれば1フレームの露出時間は同じなので星や星雲の光の量
自体同じと考えることができるので結果も似たようになると考えられる。
ということは対光害フィルターを有効に使うためには光害をカットした分
より多くの露出をかけることができるはずだから1フレームの露出を延ば
して星や星雲の光の量を増やさないと違う結果にならないということか。


タグ:M42 LPS-D1

折りたたみ出来るアウトドア用コンロ買ってみた [アウトドア]

 冬の天体写真撮影は当たり前だがチョー寒い。よって万全の防寒対策を
施すのだが右手だけはカメラシャッターやパソコン操作の度に防寒手袋を
脱がなければならないのでどうしても冷えてしまう。なんとか右手だけも
気軽に暖をとる方法はないものかと思っていたらアマゾンで見つけて
しまっちゃったのだ。ジャジャーン
konro1.jpg

折りたためるアウトドア用ガスコンロ、お値段1100円、安い。
なんと高さ8cm、幅5cm厚さ4cmのプラスチックケースに入る大きさ、
これならポケットにも余裕ではいる。実際にガスボンベに取り付け、広げて
着火すると
konro2.jpg

なんかとてもいい感じ、ただ心配なのが家庭用カセットガスコンロを
冬場の屋外で使ってみたとき、あまりの寒さでカセットガスボンベ内の
ガスが気化できず、使用できなかった経験があるので 今回のコンロの
ガスボンベは大丈夫か不安ではある。という訳で本当に実用になるか
次回の星撮り出撃に乞うご期待。


タグ:ガスコンロ

昨日は良く晴れた [天体写真]

 昨日は良く晴れた。月齢もいいし、当然の星撮り出撃したのだった。
小石原に18時20分頃ついて主砲C14をセッティング。C14が
外気温になじむのを待つ間、赤道儀カウンターウエィト軸に雲台を
取り付けて180mmレンズでオリオン座を撮ってみる。
Orion2016-2-9.jpg

撮影日:2016年2月9日
撮影時刻:20時12分〜、2分露出を6回
撮影地:福岡県、東峰村、小石原焼き伝統産業会館駐車場
撮影機材
赤道機:高橋、NJP
レンズ:Nikon 180mm f/2.8 ED F4に絞る
カメラ:SONY α7s ISO1600
filter:IDAS HEUIB-Ⅱ

 総露出時間12分でこれだけ写れば大したもんだ。光害の少ない所で
たっぷり時間をかけて撮れば凄い写りになりそうな雰囲気だ。
 この日は流れ雲一つ来ず、順調に撮影が進んだ。撤収時には木星が
南中していたのでこの日も撮ってあげた。
Jup2016-2-10.jpg

撮影日時:2016年2月10日 3時20分から3分間
撮影機材:CELESTRON C14 タカハシ Or18mmによる拡大撮影法
カメラ:Sony α7s seo-SP4C改造、IDAS HEUIB-Ⅱフィルター着用
シャッター速度:1/30秒 ISO:2500
APS-Cサイズモード
Regstax6で画像処理

シーイングがいまいちでやっぱりぱっとしない処理結果だ。惑星は
難しい。