So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

射手座付近の天の川

 昨日26日は絶好の星撮り夜になった。金曜の夜でもあったし小石原には
結構お仲間が集まり、皆さんいい天体写真が撮れたのではないだろうか。
さていつものように撤収前の星野写真の紹介、撤収時にはいつものサソリ座
頭部は西に傾いて撮り時でなくなっていて、代わりに射手座が南中していたので
射手座付近の天の川を撮ってみた。まずはJPEG画像では
Milkyway2017-5-27jpg.jpg

撮影日:2017年5月27日
撮影時刻:2時24分〜、3分露出
撮影地:福岡県、東峰村、小石原焼き伝統産業会館
撮影機材
赤道機:高橋、NJP
レンズ:Nikom AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G F4に絞る
カメラ:SONY α7s(seoーSP4改造) ISO1600
filter:MARUMI IR-CUT
 JPEG画像では3分露出でも露出オーバーなのだがRAW画像4コマの
コンポジット画像処理してみると
Milkyway2017-5-27.jpg

 実にいい感じに仕上がって撮り栄えする。小石原の空も捨てたものでは
ないようだ。
 サソリ座頭部ではフィルターはIDAS HEUIB-Ⅱを装着したがこのフィルターは
天の川が赤く写る傾向があって今回はMARUMI IR-CUTに変えてみた。
MARUMI IR-CUTだと中心部と周辺部の色合いの変化が少なくて画像処理が
楽だった。




またまたサソリ座頭部 [天体写真]

 昨日も良く晴れそうで梅雨まじかの貴重な晴れは逃しません。という訳で
小石原に星撮り出撃したのであった。今回も撤収前にサソリ座頭部を
標準レンズで撮ってみた。
scopion2017-5-19.jpg

撮影日:2017年5月19日
撮影時刻:0時48分〜、4分露出
撮影地:福岡県、東峰村、小石原焼き伝統産業会館
撮影機材
赤道機:高橋、NJP
レンズ:Nikom AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G F4に絞る
カメラ:SONY α7s(seoーSP4改造) ISO2000
filter:IDAS HEUIB-Ⅱ
今回は前回より露出3分→4分、ISO1600→2000にして撮ってみた。
この日は5月晴れで透明度が良くほぼ南中時に撮ったのでまあまあ見れる写りに
なったと思う。もうちょっとコマを撮りたかったが月が出てきたため諦めた。
条件さえ良ければ小石原の空でも何とかなりそうな気がする。
 それにしてもこの夜は絶好の星撮り日和にもかかわらずお仲間が誰も来ず
1人寂しく星を撮っていたのでした。メデタシ、メデタシ。


タグ:サソリ座

またサソリ座頭部 [天体写真]

 昨日夜は良く晴れそうな天気だったのでもちろん星撮り出撃したのであった。
前回に続き、撤収前にサソリ座頭部を撮ってみる。前回ISO:3200、露出30秒で
あったが今回はISO:1600、露出3分にしてみた。
scopion2017-4-29-1.jpg

撮影日:2017年4月29日
撮影時刻:1時27分〜、3分露出
撮影地:福岡県、東峰村、小石原焼き伝統産業会館
撮影機材
赤道機:高橋、NJP
レンズ:Nikom AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G F4に絞る
カメラ:SONY α7s(seoーSP4改造) ISO1600
filter:IDAS HEUIB-Ⅱ
画像処理:JPEGリザイズのみ
 JPEG画像は明らかに露出オーバーだがRAW画像はまだ余裕がある。
今回は4コマコンポジットして画像処理してみると
scopion2017-4-29-2.jpg

 前回より画像が滑らかになりコンポジットの効果が出ているが写り自体が
大きく良くなった感じはないと思う。もっと強力画像処理したいところだが
不自然になって無我宇宙流天体写真道に反するので止めた。小石原の夜空では
ここら辺が限界のようだ。機会があればヒゴタイ公園あたりで再び挑戦して
みることにしよう。
タグ:サソリ座

サソリ座頭部 [天体写真]

 昨日夜は久しぶりの好天に恵まれそうで小石原に星撮り出撃したのであった。
土曜の夜ということもありたくさんのお仲間がくるかと思いきや以外と少なかった。
春は多くの星撮り屋にとってシーズンオフなのかもしれない。で撤収間際に
いつものように木星でも撮ろうと思って覗いてみたらいまいちシーイングが
良くなく、いつもの駄作木星しか撮れそうにないので50mm標準レンズで
昇り始めたサソリ座頭部を撮ってみた。
scopion2017-4-23-1.jpg

撮影日:2017年4月24日
撮影時刻:1時55分〜、30秒露出
撮影地:福岡県、東峰村、小石原焼き伝統産業会館
撮影機材
赤道機:高橋、NJP
レンズ:Nikom AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G F4に絞る
カメラ:SONY α7s(seoーSP4改造) ISO3200
filter:IDAS HEUIB-Ⅱ
画像処理:JPEGリザイズのみ
普通SONY α7sで撮る場合、フィルターはレンズの後ろに入れるのだが
標準レンズの後ろに入れると周辺像が著しく悪化するのでレンズの前に装着する
ようにしているが今度はフィルターのIDAS HEUIB-Ⅱの特性で中心部と周辺部の
色合いが変わってしまい変な色調画像になる。これを修正するため画像処理の
テクニックを色々駆使して仕上げると
scopion2017-4-23-2.JPG

まあ、30秒露出の1枚撮りではこんだけ仕上がればいいかて感じかな。
機会があれば光害の少ないところでたっぷり露出してみたいもんだ。



タグ:サソリ座

ステライメージ8を使ってみる [ソフト]

 天体写真の進歩はデジカメとステライメージのバージョンアップとともにあると
言って過言ではないかと思う。で先月2月14日に久しぶりにステライメージの
メジャーバージョンアップ版ステライメージ8が発売されて早速買ってみた。
今回のバージョンアップの目玉は「天体写真のルーチンワークを自動化」つまり
多数のライトフレーム画像からコンポジット画像が簡単に作成できますという
ものだが実際にやってみると
stella8.JPG

肝心の自動位置合わせ機能が機能していない結果になった。ちなみに比較的短焦点で
撮影した画像は自動位置合わせ機能が働いて綺麗にコンポジットが完了した。
でこのことをアストロアーツのサポートに報告したら星像がソフトに写っている
(ボケぎみに写っている)と自動位置合わせできない場合があるようだが原因は
不明とのこと。私のように超長焦点撮影がメインで星はどうしてもソフトに
写ってしまう。というわけでステライメージ8の目玉機能が使えないという話に
なってしまった。ステライメージ8では他に「ノイズ低減」というフィルターが
追加になっている以外これといった新機能が追加されているわけでないので
私にとって今回のバージョンアップはパスしたほうが良かったようだ。
皆さんがバージョンアップを考えるなら体験版で試してからにしたほうが
良いよ。



蛇口の水漏れ修理 [生活一般]

 昨日、風呂場の蛇口を強く閉めようとすると力が抜けてまた、回転して
しまい、いわゆるネジがバカになった状態で完全に湯を止めることが
できなくなった。
水漏れ.jpg

で「蛇口 水漏れ 修理」でググッてどうやらコマパッキン(水栓ケレップ)
なる蛇口の部品を交換しなければならないらしい。ご親切にもyoutube
https://www.youtube.com/watch?v=l_aNUtJB83k&t=320s
に修理方法の動画があって、それにしたがってとりあえずコマパッキンを
取り出してみた。
古いケレップ.jpg

丸いゴムの内側円周に溝を掘ったような摩耗が見られ、この摩耗が原因で
水漏れしているのは確かなようだ。それでこの部品を持ってこれと同じものを
買いにホームセンターグッデイに買いにいったのだった。そしたら似たような
ものが数種類あって、やっぱり持ってきて正解だった。同じものを選択できた。
新しいケレップ.jpg

2個入り133円、安い!。取付も簡単、無事修理完了した。専門業者に来て
もらって修理を依頼したら数千円はかかるだろう。というわけで蛇口の水漏れ
修理は簡単にできます。


タグ:水漏れ修理

今年最後の金星撮影か [惑星]

 昨日の夜はGPVのご託宣によると21時以降、雲が取れて晴れるということで
21時までの曇りならいっかということでいつもの小石原に星撮り出撃したので
ありまーす。がーしかし、今回はGPV様、いい方に外してくださいまして
18時の現地到着時点で既に快晴、ず~と快晴でナイスな夜空となってしまった
のでした。で今日は撮れないだろうと思っていた金星が撮れたのでした。
Venus2016-2-27.jpg

撮影日時:2017年2月27日 19時5分から1分32秒間
撮影機材:CELESTRON C14 CELESTRON Or25mmによる拡大撮影法
カメラSony α7s seo-SP4C改造、IDAS HEUIB-Ⅱフィルター着用
シャッター速度:1/100秒  APS-Cサイズモード
Regstax6で画像処理
 だいぶ細くなって大きく写るようになった。これから急速に太陽に
近づいて4月以降は明けの明星となるので金星が夕方撮影できる機会は
これが今年最後になりそうだ。で撤収時に木星も撮りやすい位置まで
上がっているので木星も撮ってあげたのでした。
Jup2017-2-28.jpg

撮影日時:2017年2月28日 1時7分から1分33秒間
撮影機材:CELESTRON C14 CELESTRON Or25mmによる拡大撮影法
カメラ:Sony α7s seo-SP4C改造、IDAS HEUIB-Ⅱフィルター着用
シャッター速度:1/40秒 
APS-Cサイズモード
Regstax6で画像処理
 この日もシーイング悪くてダメダー画像にしかならなかった。眼視での
見え方に近いイメージに処理してみた。いったいいつ自慢できる木星像が
撮れることやら、、、


タグ:金星 木星

今年最初の木星 [木星]

 昨日の夜のGPVのご託宣は九州地方快晴、ということで小石原へ星撮りに
出かけたのでありまーす。がーしかし現地18時半頃到着してからみるみる
曇りだし今日も低空の雲に祟られGPVを呪って撤収かと思いきや21時頃から
晴れだして無事、何とか撮影できたのでありました。で25時になると月が出て
撤収しようかと思ったら木星が結構な高さに昇っていて久しぶりに木星を
撮ってみたのでありました。
Jup2017-2-18.jpg

撮影日時:2017年2月19日 1時39分から1分35秒間
撮影機材:CELESTRON C14 CELESTRON Or25mmによる拡大撮影法
カメラSony α7s seo-SP4C改造、IDAS HEUIB-Ⅱフィルター着用
シャッター速度:1/40秒 ISO:2500
APS-Cサイズモード
Regstax6で画像処理
 この夜の肉眼の木星像は踊っていなくてシーイングが良いかと思いきや
全然細かい模様が見えなくてこれじゃ撮影してもだめだろうと思ったのだが
久しぶりに大赤斑が見えるので撮ってみたのだがやっぱりダメダー画像に
なってしまった。



椿ヶ鼻ハイランドパークが [一人ごと]

 何気なく大分県のGoogle Mapを見ていたら、たま~に星撮りに行く
「椿ヶ鼻ハイランドパーク」の名称がいつの間にか「スノーピーク奥日田」に
変わっていた。どうも運営主体が変わったようだ。まあ、星撮り自体は
このキャンプ場の敷地外で撮っているので名称が変わろうと関係ないのだが
カーナビを頼りに行こうとしている人は要注意だ。カーナビの新旧によって
どっちの名称を目的地にするか影響するのでお知らせしときます。




パソコンのハードディスクがおかしい [パソコン]

 私は毎朝起きると必ず体重計体重を計り、パソコンExcelファイル
記録する習慣があり十数年これを続けている。今日もいつものように
朝、体重を計り、Excelファイルに記録しようとExcelファイルをダブルクリック
したら、いつもだったらすぐにExcelが開いて記録できるのだが今日は
3分くらいしたら
Hdd_Erroe.JPG

とエラーダイアログが現れて開けない状態になった。他のExcelファイルは
大丈夫か調べてみると仕事でよく使う、とてもとてもとても重要な2つの
Excelファイルが開かず、どうでもいいようなExcelファイルは開く状態で
明日からの仕事に差し支えるしどうしよう状態になってしまった。ちなみに
コマンドプロンプトでcopy操作するとCRC巡回冗長エラーが現れて
これはもうハードディスクの一部が破損していると判断せざるをえない。
長年の経験からこのまま使い続けると傷が広がって開かないファイルが
急激に増える可能性がある。ということで開かないファイルを除いて
バックアップハードディスクへデータをコピーした。それにしても
災難は突然やってくる。重要なファイルは小まめにバックアップしとくんだった。



前の10件 | -