So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

一晩で木星、土星、火星を撮影したけれど・・・ [惑星]

 すっかり梅雨モードに入り天文屋は商売上がったりで本ブログの更新
ネタがない。そんな中、昨日は日中良く晴れていて夜のGPVは薄曇りの
ご託宣が出ていたが気象衛星の雲画像からべた曇りにはならなさそうで
天体写真は無理でも雲間から惑星くらいは撮れるだろうということで
小石原へ惑星撮りメインで出撃したのであった。で実際現地到着してみると
やっぱり薄雲が時折流れてきて天体写真は諦めて惑星撮りをしたのであった。
まずは木星を撮る。
Jup2018-6-13.jpg

撮影日:2018年6月13日 21時23分~
望遠鏡:C14
接眼レンズ:Or25mm
カメラ:QHY5L-Ⅱ
2分半動画をRegistax6で画像処理

 木星を撮っているときのシーイングはやや悪い程度だったが次の
土星が南中付近に来るまで2時間ほど待って撮影したのだが
シーイングは非常に悪いに変わっていて土星像は踊るポンポコリン
状態であった。無理無理撮影して画像処理してみると
Sat2018-6-13.jpg

撮影日:2018年6月14日 0時37分~
機材は前と同じ

 人様に見せるのが恥ずかしいくらいボテボテです。次の火星は推して知るべし
こんな感じ
Mar2018-6-13.jpg

撮影日:2018年6月14日 0時47分~
機材は前と同じ

 こりゃもう空飛ぶみかん像と説明しても信じてもらえるかも
というわけで惑星を撮るときはシーイングが良いときにとるのが必須。
最良のシーイングで撮った惑星像はびっくりするくらいすごい可能性がある。
でも日本じゃ最良のシーイングの夜って超レアな現象なんだよなー。





タグ:木星 火星 土星
nice!(1)  コメント(0) 

GPVの嘘つき~ [惑星]

 GPVのご託宣によると5月9日夜の福岡地方は快晴となっていたので
出発時、曇ってはいたがそれを信じて小石原へ星撮り出撃したのであった。
がーしかし、見事に見事にGPV殿はご託宣を外してくださったので
ありました。出発時の16時半頃のGPVのご託宣はすでに晴れて
いるはずであったが現実には曇っていてこの日のGPVのご託宣は信用
できそうにないと内心思っていたが予感は当たった。GPVは高層の
雲の流れは大体当たるのだが山にかかる低空のどんより雲の予想は
当たらないことがままある。というわけでこの日は早々に諦めて
望遠鏡の設置もせず、21時半には帰宅の途についたのだった。
で翌10日はGPVのご託宣と現実もよく晴れていたのでこの日は
大丈夫だろうとほぼ確信して小石原へ星撮り出撃したのであった。
で1対象撮り終えたら木星がほぼ南中していたので撮ってあげたのでした。
Jup2018-5-10.jpg

撮影日:2018年5月10日 23時50分~
望遠鏡:C14
接眼レンズ:Or25mm
カメラ:QHY5L-Ⅱ
2分半動画をRegistax6で画像処理
 シーイング的には悪くもないがそんなに良くもないという感じで
前回ほど写ってない感じがする。



タグ:木星
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

久しぶりの2夜連続星撮り出撃 [天体写真]

 4月18日、19日と天気が良くて久しぶりに連続して星撮り
出撃してきた。ここ数年、星撮り出撃から帰ってきても寝つきが
悪くかつ眠りが浅くて翌日が寝不足状態で体力的に連続星撮りは
避けてきたが、医者から睡眠導入剤を処方してもらって星撮り帰宅後
限定で使用している。おかげで翌日の寝不足状態が緩和した。
ということで久しぶりの2夜連続星撮り出撃して来たのであった。
 30代の頃は3夜連続150km往復の星撮りなんてしたけど
今はとてもとても、、、、年は取りたくないもんです。
 さて18日は小石原着すると月齢2の細い月が結構高い位置に
あったので望遠鏡設置後ただちに撮ってあげたのだった。
Moon2018-4-18.jpg

撮影日:2018年4月18日
望遠鏡:C14
カメラ:SONY α7s  露出:1/40秒
ISO:400
filter:IDAS HEUIB-Ⅱ
タカハシ NJP赤道儀
 C14の直焦点で撮ると画角からはみ出るので2コマのモザイク合成
している。
 19日も同様に
Moon2018-4-19.jpg

撮影日:2018年4月19日
望遠鏡:C14
カメラ:SONY α7s  露出:1/100秒
ISO:400
filter:IDAS HEUIB-Ⅱ
タカハシ NJP赤道儀
2コマのモザイク合成
 さらに危機の海の周辺地形が面白そうなのでテレコンを装着して
撮ってみる。
Moon2018-4-19a.jpg

撮影日:2018年4月19日
望遠鏡:C14
カメラ:SONY α7s  露出:1/30秒
ISO:400
filter:IDAS HEUIB-Ⅱ
テレコン:Kenko 1.4X TELEPLUS PRO 300
 さて18日の撤収時、木星が見頃でシーイングも良さそうだったので
今季最初の木星撮りもしてみた。
Jup2018-4-18.jpg

撮影日:2018年4月19日 1時14分~16分
望遠鏡:C14
接眼レンズ:Or25mm
カメラ:QHY5L-Ⅱ
2分動画をRegistax6で画像処理
 私の中では今まで撮ってきた木星で一番ましな出来栄えのように思える。
 それにしてもやっぱり2夜連続星撮り出撃は疲れる。



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

月齢13の月 [天体写真]

 3ヶ月くらいぶりに月のお気軽自宅ベランダ撮影をしてみた。
というもの最近、いい天気が続いて暖かくなっている原因が
偏西風が北上していて日本上空にないことらしい。ということは
シーイングがいいかもしれないと思い月でも撮ってみるかという
気分になった次第。でベランダに15分ほどで機材をセットして
撮影したのでありました。自宅撮影はほんと楽でいいわ。
Moon2018-3-30.jpg

撮影日:2018年3月30日
望遠鏡:MK-66
カメラ:SONY α7s  露出:1/100秒
ISO:100
filter:IDAS HEUIB-Ⅱ
Vixen GP2赤道儀
直焦点撮影
 透明度は春霞で最悪の空だったがシーイングはまあまあのようだった。
月齢13のほぼ満月の月面では見せ場のクレーターのデコボコが写らず
残念だが海部分の色の微妙な差異が見どころではないだろうか。


タグ:
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Sony α7sのStar Eater問題の検証,オリオン座で比較 [カメラ]

 昨日も夜晴れそうだったので小石原へ星撮り出撃したのだった。
一般に星撮り屋は春はシーズンオフなのだが長焦点の星撮り屋である
私は撮りたい系外星雲がいっぱいあって忙しい。
 さて前回、Sony α7sのStar Eater問題の検証をしたが今回は
オリオン座を50mm標準レンズf4でバルブとタイマー30秒づつ6コマ
撮って加算コンポシットしできるだけ同じになるよう簡単な画像処理して
比較してみた。
バルブ30秒では
Ori30Bulb.jpg

タイマー30秒では
Ori30Timer.jpg

明らかにバルブ30秒で微光星の写りが少ないがなぜかバルブ30秒のほうの
中央部分が赤い。レンズ前面に取り付けたマルミIR CUTフィルターの画角による
色シフトなのだろうが だったら両方に現れても良さそうなもので変だ。
ついでにJpeg画像6コマの加算コンポジットもしてみた。
バルブ30秒JPEGでは
OriJpg30Bulb.jpg

タイマー30秒JPEGでは
OriJpg30Timer.jpg

今度は微光星の写り以外はほとんど同じになった。ひょっとしたら
ステライメージ8のRaw現像処理がバルブとタイマーで違うということかも
 私のSony α7sはIRフィルターはクリアフィルターに換装してあるので
普通はIDAS HEUIB-Ⅱ などのIR CUTフィルターはレンズ後面とCCD
前面の中間位置に設置しているがこの位置で標準レンズを使用すると周辺像が
著しく悪化するので今回は標準レンズ前面にIR CUTフィルターを設置
している。このため画角による色シフトが発生する可能性は多いにある。
普通IRフィルターを換装する人はクリアフィルターでないタイプを選んで
いるだろうから色シフトが発生する可能性は少ないと思うので微光星の写り
具合自体が問題となるだろう。しかし昔の銀塩時代の星野写真は微光星が
多く写っていなかったように思う。とすると考えようによっては
Star Eater問題を逆手にとって昔の銀塩時代の星野写真調に見せるという手も
あるのではないかと考えたりして、必ずしもStar Eater問題が星野写真において
致命的欠陥とは言えないと思う。



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Sony α7sのStar Eater問題の検証 [カメラ]

 昨日夜は良く晴れそうだったのでもちの論で小石原へ星撮り出撃したので
あった。土曜の夜ということでもあり、お仲間が結構いて各自星撮りに
勤しんでおりました。
 さてYouTubeを見ておりましたら某氏が「Sony α7sにはStar Eater問題が
あって星撮りには適さず手放した。」という話があり、Star Eater問題
というのはTimer30秒では正常に写る微光星がBULB30秒では写らない
(消えてしまう)という現象みたいなのがあって気になっていたのだが
今回の星撮りで対象が昇るまで時間があったのでこの現象を検証してみた。
Sony α7sにNikon ED180mm f/2.8を装着し絞りF5.6でM41をBULB30秒と
Timer30秒で撮って中心部分をステライメージ8で200%拡大して
画面キャプチャーしてみた。JPGでは
StarEaterJpeg.jpg

Rawでは
StarEaterRaw.jpg

比べたら微光星の写り方に歴然たる差異があるのがわかる。私の推測だが
BULB撮影ではより長時間露光を意識してノイズ処理を強力にしている結果、
微光星を輝点ノイズと判断して消しているように思われる。これを問題に
する人はシャープで優秀なレンズで切れ切れの星野写真を目指す人だと思う。
幸い私の天体写真スタイルは長焦点が主なのでStar Eater問題が気になる
ことはなかった。逆に300mmで網状星雲を撮っているときなどは
微光星が写りすぎて星雲がかすんでしまいむしろ微光星が写らないほうが良い
とさえ思ったものだ。結局、各自の目指す天体写真のスタイルによって
致命的欠点だったり無問題だったりする内容だと思う。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

久しぶりにバッテリー放電テスト [バッテリー]

 現在、星撮り時において必要な電源はスゴイバッテリー
SUGOI_Battery.JPG

を3台
Sugoi_battery2.jpg

で運用している。うち1台の1号でAC100Vインバータに接続されデジカメ、赤道儀、
パソコンのそれぞれのACアダプター経由で動作させている。で最近、4時間くらい
するとインバータが供給電圧が10.5V以下になったことを知らせる警告音を
出すようになって、買ったばかりの時は一晩は大丈夫だったのに買って4年3ヶ月
経つのでバッテリーの劣化が疑われるようになったので買ったとき行ったDC12Vの
電熱ポット8Aの放電テストを再び行ってみた。
放電test_2018-2-22.jpg

結果は
               1号   2号   3号
10.5Vになるまでの時間  55分  96分  95分
10.0Vになるまでの時間 100分 161分 153分
9.5Vになるまでの時間  149分 ***  ***    ***は計測せず
ということで10.0Vになるまでの時間でみれば1号バッテリーは
定格の約40%、2,3号は約66%程度しか電流が取り出せていない計算になる。
なぜか1号バッテリーの劣化が進んでいる。今後1号にAC100Vインバータを
接続するのは止めたほうがよさそうだ。リチュームイオンバッテリーで
買ってから4年以上経ってこの性能劣化はまあ順当なところかも知れない。
あと1,2年で買い替えを検討せざるを得ないような気がする。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

小石原は雪原だった [撮影地]

 昨日は久しぶりに夜晴れそうだったので小石原へ星撮り出撃したのであった。
で着いてみると小石原焼き伝統産業会館駐車場は雪原状態になっていて
普通はアスファルト舗装部分は融けて雪がないことを期待していたが
残念であった。しょうがなく車を前後させてタイヤの轍で圧雪状態に
して望遠鏡をセッティングしたのであった。こういうことできるのは
4WD車だからできるのであって九州に住んでいるとほとんどの場合、
2WD車でこと足りるのだがこういう時は4WD車の有難みを実感する。
冬の山道を走る星撮り屋にとって4WD車は必須といえよう。
 さて望遠鏡をセッティングして何を撮ったかというと
N2261-180213.jpg

撮影日:2018年2月13日
撮影時間:20時47分
望遠鏡:C14 レデューサーなし Kenko 1.4X TELEPLUS PRO300使用
カメラ:SONY α7s  露出:30秒
ISO:64000
filter:IDAS HEUIB-Ⅱ
高橋NJP赤道儀
ダーク、フラットなし、ノータッチガイド 画像処理:JPEGリサイズのみ
 NGC2261、ハッブルの変光星雲を撮ろうとしたのだがオフアクシス
ガイドで選んだガイド星が暗くて撮影途中でシーイングが悪くなって
オートガイダーがガイド星として認識できなくなって止めてしまった。
 ハッブルの変光星雲、小さな対象なので今回初めてKenko 1.4X
TELEPLUS PRO300を装着して合成焦点距離5300mmという
超長焦点撮影に挑んだがそれでもこの対象は小さくしか映らなかった。
ところで変光星雲といっても星雲自体が変光するわけではなく
星雲を照らしている星が変光星になっているだけなのだ。参考までに
小生、無我宇宙の天体写真ギャラリーに
http://www006.upp.so-net.ne.jp/mugauchu/N2261-BJ41C.HTM
変光の様子を撮った作品があるのでご覧あれ。
 まあこの後、対象を変えてきちんと撮れたのでまずは
メデタシ、メデタシの夜であった。



nice!(1)  コメント(0) 

山口県角島(つのしま)に行ってきた [一般写真]

 遅まきながら新年あけましておめでとうございます。今年もよろしく
本ブログ並びに「無我宇宙の天体写真ギャラリー」閲覧の程お願いいたします。
 さて1月2日に突然、山口県角島(つのしま)大橋を見てみたいと言い出す
者がおりまして行ってみたわけであります。ここの橋はインスタしていないけど
俗にいうインスタ栄えするスポットらしいです。というわけでスマホでパチリ
角島大橋20180102.jpg

以上


タグ:角島大橋
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

グッバイ 2017年 [あいさつ]

 何だかんだで大晦日を迎えてしまい、今年も無事に星撮りができて
良かった年ではなかろうかと思う。年とともに体のあちこちにガタが
でる年齢になってきて来年もつつがなく星撮り出撃できるか心配に
なる昨今なのであります。関東に住んできた30代のころは元旦から
三日連続で星撮り出撃した元気があったが懐かしい思い出になって
しまった。来年も体力の続くかぎり頑張って星撮り出撃するつもり
なので本ブログ並びに「無我宇宙の天体写真ギャラリー」を宜しく。
それでは良いお年を。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -